【東山魁夷 展】東京

 

 今日は、「素直な心を 全開にして 感じる日」にしようと決めていました。  

 

こんにちは。

谷口恭子(たにぐに きょうこ)です。

 

 日本画家 東山魁夷は、 

描くことは「祈り」であり 

 

それであるならば、 

それにどれだけ  

心を籠められるかが問題で、  

 

 

上手い下手は 

どうでもいいことだと思うに至った。

自分が描き続けることの意味を悟り 

価値を見出すことができたのだそうです。 

  

 

唐招提寺 御影堂 障壁画の展示に

涙があふれそうでした。

 

東山魁夷展は

六本木、国立新美術館

12月3日まで。

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

足のコリほぐしで 心も豊かに!

【婚活】変わろうとしても うまくいかない時には

結婚記念日旅行のつくり方

『ハムケツ』

お試し移住シリーズ

【パートナーシップ】講演会のご案内